無職でもお金を借りる方法まとめ!

無職でもお金を借りる方法はあります。年金収入を得ている場合には、無職でも収入とみなされますので、お金を借りることができます。消費者金融などでは「働いていて安定収入を得ている人」という条件がついており、年金受給者は対象から外していることがあるので注意が必要です。クレジットカードなら、年金受給者でも問題なく借りられることが多いです。老齢年金の他に、障害年金を受給している人も含まれます。失業給付や傷病手当などは収入としてみなされないことが多いようです。

無職でもお金を借りる方法としては、アルバイトをするという方法があります。アルバイトをしている人は厳密に言うと無職ではありませんが、日雇い労働でも一定の収入を得ているなら消費者金融で借りられることがあるので、一時的にでも働くという方法はおすすめができます。

株式投資やFXによる収入を得ている人は、個人事業主として申告をすることで、お金を借りることができる可能性があります。株式投資で年収500万円を得ていて、他に仕事などはやっていないという人は、個人事業主として申告するのが良いでしょう。個人向けのカードローンのほかに、ビジネスローンを利用できる可能性もあります。

他には、専業主婦をやっている人は夫の収入をあてにしてお金を借りることができます。専業主婦専用のカードローンが用意されている銀行が良いでしょう。ただし、限度額50万円以下といった制限がつきます。

コメント投稿は締め切りました。